第62代全国市議会議長会 会長に就任いたしました。

 第93回全国市議会議長会定期総会が5月24日(水)東京国際フォーラムにて開催され、第62代全国市議会議長会 会長に選任いただきました。札幌市議会議長の会長就任は22年ぶりであり、大変光栄であると同時にその責任の重さを感じているところであります。
 全国市議会議長会は、北海道から沖縄県まで、全国47都道府県の市及び東京特別区の合わせて814市区が加入する議会の議長により構成される組織です。歴史と伝統ある全国市議会議長会の会長として歴代会長の名に恥じぬよう精進して参ります。
 さて、わが国が、将来にわたり活力ある社会を維持していくためには、地方自治体が、人口減少を克服し、地方創生を実現するとともに、住民生活の安心と安全を確保する役割を適切に果たしていくことが極めて重要であり、各市議会においては、執行機関と連携し、各施策の展開に取り組んでいるところであります。
 
  全国市議会議長会といたしましては、国と地方の協議の場や、政府・国会等への要望活動などを通じ、引き続き、地方創生の推進や、地方税・地方交付税等の一般財源総額の充実確保、また、防災・減災対策の拡充をはじめ、地方議会の権能強化等の諸課題解決に向け、全力を傾注して取り組んでまいります。
 定期総会においては、来賓として安倍晋三内閣総理大臣はじめ、大島理森衆議院議長、伊達忠一参議院議長、山本幸三地方創生担当大臣より御祝辞を賜りました。安倍総理の祝辞と、私の会長選任あいさつを動画にてアップ致しました。ご覧いただければ幸いです。

安倍晋三総理 定期総会祝辞・山田一仁 会長就任挨拶


議長就任ご挨拶

ごあいさつ

 皆さまこんにちは、このたび第32代札幌市議会議長に就任致しました山田一仁でございます。
伝統ある札幌市議会議長という要職に就かせていただきましたことは、身に余る光栄でございますし、また、同時にその責任の重大さを感じているところでございます。

 

 本市においては、少子高齢化・人口減少、都市基盤の再整備など課題・問題が山積しております。また、冬季オリンピック・パラリンピックを招致している本市におきまして、「国際都市札幌」を国内外にどのようにアピールしていくのか、知恵を絞らなければなりません。


 昨今、地方議員・地方議会は様々な面で注目を浴びております。市民に信頼される議会でなければなりません。議員一人ひとりが創意工夫をし、努力を積み重ねるとともに、活発な議会活動を展開していく必要があります。 

 

 私も、札幌市と本議会が益々発展していくよう、全力を傾注してその職責を全うして参りたいと思います。市民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。ありがとうございました。

 

子供に、福祉に希望
誰もが安心して暮らせる、世界のSAPPORO

健康-Kenko ②教育-Kyouiku
環境-Kankyo ④観光-Kanko
4つのビジョンK」で住みよい東区・札幌を創ります。

山田一仁 市政だより

LinkIcon
市政だより 平成29年3月1日(表)PDF
LinkIcon
市政だより 平成29年3月1日(裏)PDF